ライブハウス磔磔 [takutaku] スケジュール

関西に活動拠点を置くソウル・フラワー・ユニオンは、 ソウル・フラワー・モノノケ・サミット という別動隊バンドで、被災した阪神各地の避難所を数多く訪れ慰問ライブを行っている(1995年だけでそのライブの回数は百回を越えている)。ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬とヒートウェイヴの山口洋はかねてより親交が深かった(「盟友関係にあった」といってもよい)。その中川に招かれて被災地を訪れた山口もまた、その惨状を目にして思わず言葉を失ったという。.

同年2月10日、被災地の 神戸 で慰問ライブ活動を開始したソウル・フラワー・モノノケ・サミットの中川が、2月14日、神戸市 長田区 の南駒栄公園で行ったライブの光景を元に、山口と作った主旋律の一部に乗せて一気に書き上げた。その日の神戸の空には、震災から丸一か月の満月が浮かんでおり、最大余震の到来が噂される中、ライブを観る被災者たちが口々に「満月を見るの、怖いわ」と言っていたのを中川が耳にしたことから、この唄は産まれている。. ヒートウェイヴ版や他アーティストのヴァージョンと明らかに異なるのは、 三線 のサウンドと チンドン 太鼓のリズムを中心に据え、鎮魂や祈りよりも「泣き笑い」が(結果的に)立ち上る演奏になる点である。ライブ会場ではエンディングが大合唱になる。.

ヒートウェイヴ版は彼らの5thアルバム『1995』(1995年8月21日発売)に収録。また、同アルバムからシングルカットされることになり、シングル用に再ミックスしたものが [4] 、ソウル・フラワー・ユニオン版のシングルと同時に1995年10月1日発売された。. ベストアルバム『LONG LONG WAY -1990-2001-』(2001年6月21日発売)にも収録され、2010年9月21日発売の完全生産限定盤BOX『EPIC YEARS 1990-1995 〜20th Anniversary Edition〜』にはアルバムバージョン、シングルバージョンが共に収録されている [5] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. カテゴリ : 1995年の楽曲 2003年のシングル ソウル・フラワー・ユニオンの楽曲 ポピュラーソング 阪神・淡路大震災を題材とした作品 神戸市を題材とした楽曲 月を題材とした楽曲 楽曲 ま. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

名前空間 ページ ノート. 表示 閲覧 編集 履歴表示. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. ミクスチャー・ロック 大衆音楽. 世界市民はすべての旗を降ろす ( 1993年 ). オリオンへの道 ( 1995年 ).

後日、秋からの期間限定新バンドが、山口洋、中川敬、KOKI(ソウルフラワーユニオンの現サポートドラマー)と判明。ネガティヴにはならないが、少し複雑な心境ではある。バンドとして活動した場合、両雄は並び立つのだろうか。 (作詞:中川敬 / 作曲:中川敬, 山口洋) 日高見 (作詞・作曲:中川敬) いちばんぼし (作詞・作曲:中川敬) しっぽの丸い小犬 (作詞・作曲:財津和夫) 原曲はチューリップが年にリリースしたシングル「夏色のおもいで」のb面。 ひぐらし (作詞:伊丹英子 ジャンル: ミクスチャー・ロック, 大衆音楽 HEATWAVE / 山口洋 オフィシャルサイト. What's New Tweets by noregrets_jp 満月の夕(中川敬さん、山口洋さんの曲・カバー)年10月19日第四回観月會Jazz at the [email protected]転法輪寺iPhone4Sで録画うた: しほちんギター: みそ

中川敬 山口洋 仲