咽喉頭異常感症 - Wikipedia

これらの疾患では、不安のコントロールがうまく出来ないために症状が出現します。不安・緊張が何らかの原因で過剰に高まると自律神経のうち交感神経が過度に緊張し、動悸・呼吸苦・めまいなどのパニック症状と呼ばれるものが出現します。 特定の恐怖症(閉所恐怖症、先端恐怖症など)は特定の状況で症状が起こる場合、社交不安障害は人前での食事や会話、発表などで症状が起こる場合、パニック障害は特に決まった状況の特定がなく症状を生じる場合を言います。 全般性不安障害は、明らかなパニック症状は出現せず、漠然とした不安症状が持続的に続く疾患です。.

強迫的な思考が自ずと頭の中に浮かび、それが馬鹿らしいものと理解していても自分では否定することが出来ず、それを打ち消すための行動(強迫行為)を取ってしまうという疾患です。 例えば、代表的な例として、外出後に玄関の鍵を閉めたかどうか不安になると、何度も家に帰って確認をして外出が滞ってしまったり、不潔に対する恐怖心があると何度も手を洗ったりします。. 人間は環境に対して適応する力を持ち合わせていますが、環境と個人の相性が悪かったり、あまりにもストレスの強い環境にさらされると、ストレスの限界を超えて精神的・身体的不調を呈することがあります。これを適応障害と呼びます。適応障害の場合、症状は抑うつ症状や不安症状など他の疾患と似た症状を呈しますが、基本的に原因となっている環境に改善が見られると、症状が消失するものと考えられています。 ただ、当初適応障害と考えられ治療されていたものが、状態が悪化するうちにうつ病など他の疾患へと発展する可能性もあります。. 思春期の女性に多い疾患で、食事を拒否する神経性無食欲症、過食嘔吐を繰り返す神経性大食症に大きく分類されます。 どちらも体重増加に対する恐怖心、ボディーイメージのゆがみを基盤とします。 無食欲症の方は食事の拒否からの体重減少・過度の運動・自己誘発性嘔吐・下剤や利尿薬の乱用・月経異常といった特徴的な症状が見られ、抑うつ、強迫症状などを合併することもまれではありません。神経性大食症は無食欲症より発症年齢がやや高い傾向にあり、摂食への渇望から過食、体重コントロールの為の嘔吐が見られます。.

自閉症では、3歳くらいまでの間に「社会性と対人関係の障害」「コミュニケーションや言葉の発達の遅れ」「行動や興味の偏り」の3つの特徴が現れると言われています。しばしば、反復的・常同的な行動を行い、物事に対する強いこだわりを伴います。また、不安感・睡眠や食欲の障害・攻撃性・自傷行為などの精神症状を伴うこともあります。自閉症には知的障害を合併することがまれではありません。 これに対して、アスペルガー症候群は高機能自閉症とも呼ばれ、自閉症と同様に、行動や興味の偏り、社会性や対人関係の障害などが存在します。しかし、言語発達には問題がなく、コミュニケーションの障害は非言語的なものに限られており、知的な問題もないとされています。成人になってから勤務先での不適応などをきっかけに診断されるケースも多くあります。 最近では、自閉症、アスペルガー症候群と分けずに、1つの連続した疾患としてとらえる動きが広まっています。.

知能検査にてIQ(知能指数)70未満と診断された方です。IQの値により、軽度、中等度、重度、最重度と分類され、症状も重くなっていく傾向にあります。IQを直接向上させる治療は困難であり、対症療法が中心となります。知的障害を抱える方は、ストレスに対して脆弱な傾向があり、些細な刺激で抑うつ症状、気分変動、衝動性などを呈します。精神科では、本人とご家族の生活の質 QOL が向上する様に薬物療法などにより症状を和らげる治療を行います。. 認知症とは、記憶障害などの症状を特徴とする脳疾患による症候群です。短期の記憶障害、見当識障害(日付や時間がわからなくなる)、理解力の低下、計算能力の低下、言語能力の低下、判断力の低下などの症状が出現し、症状は進行性です。こういった認知症の症状を中核症状と呼びます。 こういった症状に加えて、進行すると意欲の低下、引きこもり、抑うつ、食欲低下、不眠、易怒性(怒りっぽくなる)、徘徊、幻覚・妄想といった精神症状を伴うようになります。これを周辺症状と呼びます。 認知症は脳疾患の一種であり内科でも診療されますが、進行した認知症では周辺症状が強く出る場合があり、介護が困難になるケースが存在します。こういった場合には、精神科の適切な介入により、症状をコントロールする事で、ご本人の苦痛の緩和、危険な行動の回避、家族の介護負担の軽減に繋げることが出来ます。.

記憶障害の訴えが本人もしくは家族からあるにも関わらず、日常生活には異常がなく、全般的な認知機能は正常な状態でまだ認知症との診断は出来ない状態を指します。認知症の前段階と考えられています。この時期に適切な治療、早期介入をした場合、認知症の発症を予防したり遅延させたりすることが出来ると言われています。逆に、この状態で放置した場合には、以下に挙げる認知症へと発展していくため、認知機能障害は早めの診断、治療が重要と言えます。 当院では自費でMCIを早期診断するための血液検査も行っております。詳しくは、 認知症早期診断について  のページをご覧ください。.

最も数の多い認知症のタイプです。女性に多いと言われています。脳内で記憶を司る海馬と呼ばれる部位を中心に、側頭・頭頂葉の皮質に神経細胞の変性が生じ、萎縮が見られるようになります。頭部MRIなどの画像診断を用いて評価することが重要です。最近では、MRIを撮影する際に、VSRADと言うコンピューターを用いた解析を行い、肉眼ではわからないような軽度の萎縮も発見できるようになっています。 治療は、抗認知症薬と呼ばれる薬が中心になります。出来るだけ早期の段階から始め、内服後も定期的に状態をチェックして内服量を調整し、進行を防いでいくことが何よりも重要です。勿論、介護サービスなどを利用してデイサービスを導入するなど、リハビリテーションを行うことも薬物療法と同様に重要となります。.

正常圧水頭症と呼ばれる脳の病気や、身体疾患が原因の認知症(甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、ビタミンB12欠乏症、ニコチン酸欠乏症など)が存在します。認知症を診断する上では、こういった外的な要因がないかどうかを調べておくことが重要です。 また、うつ病などの精神疾患で判断力、注意力が低下すると一見認知症に見えることがあります(仮面認知症)。こういった場合には、治療は抗認知症薬ではなく、原疾患の治療で認知機能が改善します。診断する上では、こういった疾患の可能性を探ることも必要です。 また、後述するせん妄と呼ばれる疾患でも一見認知症が進行したように見えることがあります。. 脳疾患(脳炎、てんかん、頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍など)、その他身体疾患(膠原病、内分泌疾患、代謝疾患、悪性腫瘍など)、向精神薬以外の薬物(ドーパミン製剤、ステロイド、降圧薬など)による精神障害を指します。有名なものとして、全身性エリテマトーデス(SLE による気分障害、甲状腺機能異常による気分障害、頭部外傷後の幻覚妄想状態、ステロイド精神病などがあります。 統合失調症のような症状、気分障害のような症状、不安障害のような症状など症状は多彩です。 治療は、対症的に向精神薬が使われることもありますが、何よりも原疾患の治療や原因薬剤の除去が必要です。.

身体疾患や薬の影響、環境の変化などによって意識障害が起こり、混乱した状態となる疾患です。見当識障害(時間や場所がわからなくなる)、意識状態が1日の中で変動する、幻覚妄想が出現する、興奮するといった精神症状が出現します。典型的には、高齢者が大きな手術をした後などになりやすく、暴れたりすることもあって、治療や看護にも大きな影響を及ぼします。原因が取り除かれれば、症状は一過性であり、改善に向かうのが通常です。 また、低活動性せん妄と言って、興奮などがなく、抑うつ・不安といった症状になる場合もあります。こういった場合は認知症やうつ病との区別がつきづらくなります。. 当院で対応が困難な方について 大変申し訳ございませんが、初診予約のお電話をいただいた際、 病状やお飲みになっているお薬などに よっては当院での治療が 困難なため、診療をお断りさせて頂く事もございます。 何卒、ご了承ください。 下記がその一例になります。 18歳以下(高校生以下)の患者様 近々に繰り返す自傷行為や自殺企図などがあり、救急対応が必要な方 発達障害・知的障害の診断のための検査や専門治療をご希望の方 アルコール・薬物・ギャンブル等の依存症治療をご希望の方 体重が著しく低下している摂食障害など、緊急の身体治療を必要とする方 ナルコレプシー・ADHDなどの診断でリタリン・コンサータ・ビバンセの処方を希望される方 引きこもり状態など、ご本人の意思で通院が出来ない方 当院の診療方針に同意して頂けない方 その他、医師が診療困難と判断した方            など.

当院の紹介 アクセス 受診の流れ よくあるご質問 対象疾患 物忘れ外来 妊娠中・産後の精神的ケア. TOP 当院の紹介 受診の流れ Q&A 対象疾患 物忘れ外来 妊娠産後ケア アクセス. Copyright C 2021 浦安わかくさクリニック 浦安市の心療内科・精神科 All Rights Reserved.

睡眠障害における過眠症とは?

身体表現性障害 歯ぎしり等. f 非器質性睡眠障害 f 非器質性不眠症. f 非器質性過眠症 f 非器質性睡眠・覚醒スケジュール障害. f 夢遊症 f 夜驚症. f 悪夢 第6章 神経系の疾患. g その他の異常運動 むずむず脚症候群. g 睡眠障害(器質性) g 不眠症. g 過眠症 (かみんしょう、英:hypersomnia)とは、睡眠が多いがそれでも眠いという状態であり、そのことが 著しい苦痛あるいは機能の障害 をもたらしている 睡眠障害 である。. 持続しているものであり、当人が正常な生活を保つために必要な睡眠時間を確保できない睡眠不足とは異なる 。. DSM-5『DSM第5版』では、 過眠障害 (かみんしょうがい、英:Hypersomnolence eMedicine: med/ 非器質性不眠症. 上記のような原因が見当たらないとき、非器質性不眠症と診断されます。この場合には、睡眠薬の内服が積極的な適応となります。(逆に、これ以外の場合には睡眠薬の投与が適切なのか、常に検討する必要があると言えます) しかし、期待される治療薬として年にピルフェニドン、年にはニンテダニブという抗線維化薬(こうせんいかやく)が認可されました。 これらの薬剤を服用することで肺が硬くなることを防ぎ、経年的な肺活量の減少を抑制する効果が報告されています。 漢方薬として柴胡加竜骨牡蛎湯、柴胡桂枝乾姜湯、甘麦大棗湯、桂枝加竜骨牡蠣湯、抑肝散、加味逍遥散、半夏厚朴湯、加味帰脾湯等、漢方薬が有効なこともある。

平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました